【 10月の週間ニュース 】   チリ鉱山事故、33人全員が生還     ■■■ 2010 ■■■  更新日: 10/10/16

チリ鉱山事故、33人全員が生還

   チリ鉱山事故、33人全員が生還


 2010/10/16(日) TBS
   チリ鉱山事故、33人全員が生還 

  ◇tbsでの放映(10月14日) 
   http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/1001/
   tbs_chile_20101014.asf

  南米チリの落盤事故で閉じ込められた作業員33人が無事、救出されました。救出にかかった時間は22時間半、この後、彼らには新しい人生が待ち受けているようです。
 33人全員が生還し無事、幕を閉じた世紀の救出劇。元プロサッカー選手や牧師、そこには33人、それぞれのドラマがありました。

 結婚指輪に触れながら心配そうな表情でアリエルさんを待っているのは、今や母親となった妻です。2人には先月、娘が誕生し、スペイン語で「希望」を意味する「エスペランサ」と名づけられました。
 「赤ちゃんはテレビ画面でしか見てないのかい?」(ピニェラ大統領)
 「はい、本当に抱きしめたいです」(アリエルさん)
 アリエルさんは近く、娘と対面します。
 33人を待っていたのは、家族だけではありません。
 「バリオスさんのハート獲得のために2人の女性が争っています。奥さんと愛人が・・・」(チリ国営テレビ)

 医療関係の知識があり、仲間の健康管理を担当したバリオスさん。彼を一躍有名にしたのは、愛人報道です。寄付金の受け取りに愛人が名乗り出たのが事の発端。妻は「彼は私を愛している」と、全く取り合わない姿勢を見せていましたが、救出現場に現れたのは愛人でした。
「ここで明確にしておきたいのは、バリオスさんの意思で出迎えの者が選ばれたということです」(チリ国営テレビ)
「ようやく帰ってきてくれたわね・・・」(愛人)
「あぁ・・・」(バリオスさん)
「これ以上、耐えられる自信がなかったわ」(愛人)
「しかし、いろいろな人がジョニの帰りを待っていましたね」(チリ国営テレビ)
熱い抱擁を交わした2人に妻は・・・。
「夫が救出されたシーンはテレビで見ました。彼は彼女に強く抱きしめられ、すごくちゅうちょしているようだったわ」(バリオスさんの妻)

 ようやく地上に出たものの、しばらく苦労は続きそうです。
その一方で、33人の人生は一変しそうです。(以下中略)