【 8月の週間ニュース 】   100年前のウイスキー、南極の小屋で発見     ■■■ 2010 ■■■  更新日: 10/08/14

100年前のウイスキー、南極の小屋で発見

   100年前のウイスキー、南極の小屋で発見


 2010/08/14(土) TBS
   100年前のウイスキー、南極の小屋で発見 

  ◇tbsでの放映(8月14日) 
   http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0801/
   tbs_antarctica_20100814.asf

  イギリスの探検家がかつて使用した南極の小屋の床下から、年季の入ったあるものが発見されました。

 わらの中から取り出されたかなり古く見えるこちらのウイスキーボトル。イギリスの探検家、アーネスト・シャクルトンが20世紀初頭(1907年)に南極を探検する際、自分の小屋に持ち込んだもので、11本が小屋の床下の氷の中で眠っていました。

 今年の初めごろに発見され、ニュージーランドに運んで調べたところ、製造されたのは実に100年以上も前の1896年ごろだということです。
 「1896年に蒸留されたものを味見することはウイスキーファンの究極の夢だ」(ウイスキーの専門家)

 ウイスキー好きにはたまらない発見のようですが、歴史的遺産の保護の観点から、少量のサンプルをとってウイスキーは元の場所に戻されるということです。