【 4月の週間ニュース 】   火山灰の影響、欧州で「空の便」大混乱     ■■■ 2010 ■■■  更新日: 10/04/16

火山灰の影響、欧州で「空の便」大混乱

   火山灰の影響、欧州で「空の便」大混乱


 2010/04/16(金) TBS
   火山灰の影響、欧州で「空の便」大混乱 

  ◇tbsでの放映(4月16日) 
   http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0401/
   tbs_europe_20100416.asf

  アイスランドで火山が噴火した影響で、ヨーロッパの空は大混乱となっています。イギリスではすべての空港が、フランスでもドゴール空港が閉鎖されるなど、影響はヨーロッパ各地に広がっています。
 14日、アイスランド南部の氷河にある火山が噴火。上空1万6000メートルまで舞い上がった火山灰が、風に乗ってヨーロッパ北部に到達しています。

 この火山の影響で、イギリス航空当局はイギリスすべての空港の閉鎖を決めました。ヒースロー国際空港では大混乱に陥っています。
「エープリルフールのジョークだと思った、もちろん違ったけど」(乗客)
「帰りたいんです」(日本人乗客)
Q.火山の影響なんですけど――
「信じられない」(日本人乗客)
イギリスの航空当局は火山灰が航空機のエンジンに悪影響を与える恐れがあるため、すべての航空機の離着陸を停止し、空港の閉鎖を決めました。

 最新の発表では16日午後1時、日本時間の午後9時まで、この措置を続けるということです。航空当局者は「前代未聞の事態だ」と話しています。
また、フランスやデンマーク、ノルウェーなどでも一部の地域で空港の閉鎖を決定していて、影響はヨーロッパ各国に広がっています。
火山灰は数日間、上空にとどまる可能性もあり、この異例の事態が収束する見通しはまったく立っていません。